看板にはどのような種類があるのか解説します

お店や会社の存在をアピールするツールとして一番重要な看板は、一口に言っても様々な種類があります。それ一つでお店や会社のイメージを左右しますので、掲げる前にどんなものがあるか知っておく事は重要です。業者に頼んで施工してもらうだけではなく、デザインや日常のメンテナンス等も考慮しなければなりません。自社ビル等の所有物件なら比較的フレキシブルな対応が可能ですが、賃貸物件や雑居ビルの場合はその物件の規格に沿う必要がありますし、他のテナントにも気を使わなければなりません。必ずしも手が込んで派手な物が良いとは限りません。一番重要なのは訴求力です。簡単でシンプルでも、通りがかる人やお客様の印象に残るものを作成する事の方が重要です。昼間目立たせるか、夜目立たせるかも重要です。

普段見ているものでも色んな種類があります。

普段生活をしていて一番目につくのが屋外看板です。入り口の上部にお店の屋号をデカデカと掲げているタイプ、少し離れた所からでもお店や会社を発見できるタイプ、ガラス窓にカッティングシートで文字や情報を張り付けたタイプ等をよく見かけるのではないでしょうか。入り口上部に屋号を掲げているタイプはそれこそお店の顔です。お店のイメージや商品を客観的に素早く伝える必要があります。離れた通りから場所を教える目的のタイプは、遠くからでもお店の情報を判断できなければなりません。窓ガラスに張るタイプですと、ほぼお店の中を見られる状況にあることから、そこからでは得られない情報や特徴を掲載すると良いでしょう。屋外にあるものでも、目的に応じてタイプを使い分けると訴求力が高まります。

名前を知ってもらうだけでは意味がありません。

お店の名前を知ってもらう事も重要ですが、更に一歩進んで、どんなお店なのか等イメージや情報を掲載する事も大切です。どんなお店なのか、何を売っている、どんなサービスを提供しているのかの情報を記載すると入店へのハードルが下がります。ただ店名や情報を載せるだけではなく、そこにデザインや色、フォントやイラスト等で個性を出し、他との差別化を図ることでお店のアピールになる事でしょう。ここが難しいところですが、凝りに凝ったものを作っても訴求力が無ければ無意味です。導入費用として、看板の本体価格はもちろんですが、制作費がかかってきます。いわゆるデザイン費です。凝ったデザインにすれば目立つでしょうが費用もかかります。それで効果が無ければもったいないです。客層のターゲットやお店のアピールポイントをしっかり見極める事が大切です。